france italy spain russian emirates japanese chinese portugese 

ドイツ・アルペンシュトラーセ(DEUTSCHE ALPENSTRASSe)

450キロメートルにわたるルートは 、アルプス地方で最も美しいルートです。

ちょっと変わったドライブインシアター: アルペンシュトラーセの牧歌的な雰囲気で

 

Blick-ins-Achental-und-auf-die-Chiemgauer-Alpen

 

ボーデンゼー(Bodensee)の側のリンダウ(Lindau)から ベルヒスガーデン(Berchtesgaden)に至るルートはカーブが多く、バイカーやドライバーが夢中になります: このルートはドイツ・アルペンシュトラーセまたはクヴェアアルペンシュトラーセ(Queralpenstraße)と呼ばれています。名前から連想されるほど、ドイツの ホリデールートのグランデイムは険しい山道だけを通るのではありません。青々としたアルプスの草原、輝く湖、なだらかな丘の他、緑の森や簡素な農村、ロマンチックな谷が通り沿いにあります。2、3キロメートルおきに小さな中継地があり、牧歌的な雰囲気を満喫できます。

 

文化、ウェルネス、食事

 

Füssen---HDR-01 stst

 

これについては、ビアガーデン、山小屋、宿屋がアルペンシュトラーセ沿いに多数あります。ウェルネスやリラックスに重点をおく人も、すぐに見つけられます。このルートには60もの温泉場があり、マッサージやビューティートリートメントでリラックスするには最適です。
また文化に興味のある人にとって、ドイツ・アルペンシュトラーセは見逃せません。25の山城や絵に描いたような城、多数の文化財が道沿いにあり、訪問者を待ちわびています。趣味でハイキングをする人には、多くの観光名所へ行ける散歩道やハイキング道が分かりやすく標示されていて便利です。

 

ルートのハイライト

 

前述のリンダウ・オーバーロイテ(Oberreute)間は西部アルゴイ(Westallgäu)の最も美しい地域です。リンデンベルク(Lindenberg)の近郊には、ドイツで最も標高の高い泥炭湖であるヴァルトゼー(Waldsee)があります。オーバーロイテとすばらしい見晴らしのいわゆる「楽園」を経由して、道はさらにオーバーシュタウフェン(Oberstaufen)とヴェルタッハ(Wertach)へ続きます。ここには子供たちにうってつけのハイライトがあります: ブロン・キンダーパーク(Buron Kinderpark )には巨大すべり台や他の遊具があり、子供たちが活発に遊べます。ここからネッセルヴァング(Nesselwang)、ハルプレヒ(Halblech)、トラウヒガウ(Trauchgau)へ行くと、アルゴイを過ぎオーバーバイエルン(Oberbayern)に至ります。

 

Koenigssee


バイエルン州で最も標高の高い町、フュッセン(Füssen)はノイシュヴァンシュタイン城やホーエンシュヴァンガウ城を訪ねるには最適の出発点になります。また寒い季節には、ウィンタースポーツが楽しめます。バイエルンの「プァッフェンヴィンケル」 (レヒ(Lech)とロイザッハ(Loisach)にはさまれた地方)には、ツアーのさらなるクライマックスがあります: ここには、ユネスコ世界遺産に登録されたヴィース教会(Wieskirche)があります。

 

さらにガルミッシュ・パルテンキルヒェン方面へ行きます。町に着く前に、ファルヒャント(Farchant)を横切ります。ここでハイキングブーツをはき、ドイツでもっとも標高の高い滝クーフルヒトヴァッサーフェレ(Kuhfluchtwasserfällen)までの短時間のハイキングを楽しむことができます。ヴァルヒェンゼー(Walchensee)、 魅力的なコッヘル・アム・ゼー(Kochel am See)、ビヒル(Bichl)、バート・ハイルブルン(Bad Heilbrunn)を過ぎると、歴史ある旧市街と絵に描いたようなマルクトシュトラーセ(Marktstraße)が噴水まで続くバート・トゥルツ(Bad Tölz)へ着きます。 筏の村レングリース(Lenggries)を経由して、絵のように美しいシルヴェンシュタインシュパイヒャー(Sylvensteinspeicher)まで、またはさらにクロイト(Kreuth)やバイリッシュツェル(Bayrischzell)まで行きます。約16キロメートル離れたところにあるアルベルト・リンク・ヒュッテ(Albert-Link-Hütte)で一休みして、パリパリの薪窯オーブンで焼いたパンや燻製ベーコンを味わうことをおすすめします。

 

Lindau Hafenpranorama-Knipping

 

タッツルヴルムシュトラーセ(Tatzlwurmstraße)を経由して、美しいインタール(Inntal)へ、ここではぜひヨーロッパで最も美しい村、ヌスドルフ(Nußdorf)を訪れてください。道はさらにロアドルフ(Rohrdorf)、フラスドルフ(Frasdorf)を経由してベルナウ(Bernau)に向かいます。 ここでキームゼーパーク・フェルデン(Chiemseepark-Felden)方向のコースをとるのがベストです。というのも、そこから有名なルートヴィヒⅡ世のヘレンキームゼー城(Schloss Herrenchiemsee)があるヘレンインゼル(Herreninsel )を訪れることができるからです。ベルナウ・アム・キームゼー(Bernau am Chiemsee)から続くルートは美しいアルプスの風景を抜け、ロッタウ(Rottau)、グラッサウ(Grassau)へ、さらにインツェル(Inzell)に至ります。

 

インツェルを過ぎると、ドイツ・アルペンシュトラーセの最終章です。ヴァイスバッハ(Weißbach)とシュネイツェルロイト(Schneizlreuth)間から、荒涼としながらもロマンチックな雰囲気のヴァイスバッハシュルト(Weißbachschlucht)へ至るハイキングはおすすめです。アルペンシュトラーセをラムサウ(Ramsau)方面へ上がる前に、バート・ライヒェンハル(Bad Reichenhall)への回り道もおすすめです。ドイツ・アルペンシュトラーセの終点は、紺碧の水をたたえるケーニヒスゼー(Königssee)と世界的に有名な巡礼教会聖バルトロメ教会(St. Bartholomä)です。

 

ドイツ・アルペンシュトラーセに関する全情報はこちら: http://www.deutsche-alpenstrasse.de/de/startseite/